たのしい♡しゃしん

旧 ひとりで☆もんもん.もんもん終わったのでタイトル変更(笑

新年(2017.01.04)

あけましておめでとうございます.

 

全く旅行にも撮影にでも出かけておらず,もっぱら幼稚園のイベントやら親族集合写真やらといった,全くブログ向けにはならないもんばっかり・・・・・.

 

で,放置していたら運営から「そろそろ記事書きませんか?」って,まあ大きなお世話っちゃ大きなお世話なんですが,いかんせんネタがない.

 

で,まあ強いて言えばこれ

暮れの12/23に触ってまいりました.某大手量販店にて.

 

まずですね,何と言っても爆速.それはもう間違いないです.で,あとはシャープネスとかディストーションとかコントラストとかシャープネスなんですが,それはほらさすがに量販店の蛍光灯下ではよくわからんわけですね.

 

実勢最安6万切っているので,超お買い得レンズだとは思うんです.しかもあたしAPSですし,周辺の問題はほぼ影響を受けない.

 

とりあえず海外のレンズレビューサイトの定量評価を見てみて,Lとの差がどれくらいなのか,例のタムロン先生との差がどんなもんなのかを見てみたいですね.コストパフォーマンスが抜群だったら多分すぐ買う(長女の卒園式前に)だろうし,やはりLレンズとの差がコスト差では埋められないほどだよ,というのであれば,思い切ってL買うかもしれない(ちなみに金はない)し,だったらタムロンでってなるかもしれない.

 

ただ,間違いなく爆速です.すげー.

 

まあとはいえ.今望遠ないからいつかどうにかせにゃいけんのんよねぇ....100-400Lなんか買えないしなぁ...フルサイズの可能性もあるから,EF-S買うのもなんだし.そんなわけで最有力なのは間違いなし.

今日の散歩はズーラシア(2016.12.03)

少し暖かったので,今日は家族でズーラシア

f:id:peyong:20161204163646j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO100 F7.1 1/160 84mm

キリン好き(笑

 

f:id:peyong:20161204164044j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO100 F4 1/400 60mm

ミーアキャットといえばこのポーズですよね.

 

で,今回は苦手な広角も使ってみた.

f:id:peyong:20161204164522j:plain

EOS80D 10-18mm F4.5-5.6 IS STM ISO100 F4.5 1/1250 10mm

うむ,やっぱり苦手だ.なんだこれ(笑

 

しかしこのレンズ,抜けがいいですよねー.青っぽいものの色再現が異常.使いこなせればいいレンズなんだろうなぁ...ちなみにこの写真,キリンが写ってます.ちっさ(笑

 

f:id:peyong:20161204165652j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO160 F4 1/60 47mm

出が遅かったので,だんだん夕方に...しかし今年は赤い紅葉に会えなかったな..これ,もっとマゼンタなんだけれどDPPの現像パラメタいじりまくり.やりすぎか(笑

 

f:id:peyong:20161204170127j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO100 F4 1/400 73mm

そしてそもそも紅葉狩りにも手遅れな...散り残り.あたしの頭頂部に通底,いや,通頭する感じか?

f:id:peyong:20161204170637j:plain

EOS80D 10-18mm F4.5-5.6 IS STM ISO100 F10 1/250 10mm

懲りずに挑戦.すごいぞ広角!!横浜とは思えない(気がしないこともない).

 

しかし2人の就学前子連れでレンズ3本持って行くってアホだな.嫁さんのストレスが倍増(笑

 

その,3本目はこれ.

f:id:peyong:20161204171413j:plain

EOS80D 28mm F1.8 USM ISO125 F1.8 1/50 28mm

エントランス前イルミをぼかしただけ.実は娘たちの写真はこれで結構撮っているんですが,一応あげるの我慢する(笑

 

しかし1日に何度もレンズ交換って,普通するものなんですかね?

 

でも,子どもの笑顔とか,できれば単焦点で撮りたいんですよねー.それかLレンズ(APSの分際で(笑

 

これで今年は撮り納めかなぁ....

今日の散歩&28mmのF比較(2016.11.26)

居合で使う消耗品の調達で,小一時間自由時間.で,電車で数駅離れた商店街(←死語?)へ.

 

f:id:peyong:20161126163151j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO100 F4 1/100 95mm

これ,何の実なんだろう??

 

で,チャリから電車に乗り換えて,目的地着.この街には何故か観覧車が....

f:id:peyong:20161126163957j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO100 F4 1/640 60mm

 

ああ,やっとひとりで落ち着いて写真撮れる・・・.まあ,子どもいないのは寂しいっちゃ寂しいんですが.

f:id:peyong:20161126164811j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO100 F4 1/2000 65mm

 

でも,ろくな写真撮れない.腕(というか,感性だよな,結局)のせいなのはもちろんではあるけれど,せめて三渓園くらいには行きたかった(←目的違(ry

 

そんなわけで,悔し紛れにイチョウばっかり撮りまくり(買い物は2分で終わり).

f:id:peyong:20161126165744j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO100 F5 1/640 105mm

 

おお,そうだ.レンズ試してみよう.相変わらず手持ちで適当だけれど.

 

以下は手持ちでなるべく同じ位置に焦点合わせて撮ったもの.全部AEで撮っているが,まじめにやるならMで撮るべきだったと反省(後述).珍しくrawから現像(Digital Photo Proffesional 4)した.それをPhotoShopでNearest Neighborで縮小したtiff画像を,またPhotoShopでjpg保存(tiffあげられないっぽい).色や輪郭といった補正はしてない(つもり).

 

まずは開放から.

f:id:peyong:20161126170726j:plain

EOS80D 28mm F1.8 USM ISO100 F1.8 1/6400 28mm

明るい.後ろボケた.ピントが甘いのか描写が甘いのかはよくわからない.風も吹いてるし,腕の問題もある(笑 一応中心部評価を意識して,中央付近で.

 

f:id:peyong:20161126171029j:plain

EOS80D 28mm F1.8 USM ISO100 F2.8 1/3200 28mm

よくわかんないですけど,多分「1.3段絞って1段露出を上げた」状態と思しき.その分暗くなっている.こういうのはちゃんと勉強してからやるべきだったか...そんな訳で直接の比較はできないかもしれないですけれど,かなりクッキリ写る.

 

f:id:peyong:20161126171755j:plain

EOS80D 28mm F1.8 USM ISO100 F5.6 1/640 28mm

これはさらに「2段絞って2段+α露出を上げた」状態と思しき.だいぶ背景がしっかりしてきた.イチョウのスジもしっかり分解.

 

f:id:peyong:20161126172154j:plain

EOS80D 28mm F1.8 USM ISO100 F8 1/320 28mm

ここはまた「1段絞って1段露出を上げた」状態.少し解像感は落ちてきたかも.前も後ろもかなりしっかりしてきた.

 

f:id:peyong:20161126172519j:plain

EOS80D 28mm F1.8 USM ISO100 F11 1/160 28mm

最後も「1段絞って1段露出を上げた」状態.この辺りで,解像感はピークを過ぎた風.

 

うん,僕はこれ面白いです.お気に召さない人がいるのも容易に想像つくけれど.例の,シグマ30mmなんかと撮り比べてみたい(笑),買いませんよ.買わないからね.買わないってば.買うにしても17-50mm(小声)

 

さて,画面が黄色くなってしまったので,何か違うものを.

f:id:peyong:20161126173250j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO640 F4 1/100 96mm

 

何か,同じものばっかり撮ってるなぁ...と思いながら帰宅.往復1.5時間.

 

改めて,24-105って便利.シグマの17-50は魅力ながら,この記事を書くにあたり勉強した結果1段の違いしかないってことがわかった(←何を今さら).

 

超広角10-18を売って17-50にするか,このまま広角撮りたいときは10-18に付け替える生活を続けるか.

 

実は,この24-105を売って17-50を買い求め,10-18,17-50,この冬出る70-300というのが理想っちゃ理想なんだけれど、描写傾向は偉い変わるし,フルサイズ対応もなくなる上に,一応唯一のL玉という3点で悩み深い.何しろこの24-105気に入っているし,それはまあないかなぁ.

(APS向け)標準レンズ入手!

ブログのタイトルにするほど悩んでいた標準レンズをとうとう入手しました.ので,タイトル変えなきゃ・・・.

 

今まで書いてきたこと,書いてないこと踏まえて候補

 

EF-S 24mm F2.8 STM

30mm F1.4 DC DN 

EF28mm F1.8 USM

EF28mm F2.8 IS USM

EF35mm F2 IS USM

 

他にも,候補に上がったものの一瞬で予選落ちになったものとして新しい赤ハチマキ35mmLIIとか,シグマの35mm F1.4とかツァイスのなんかそういうやつとかはありますが,きりがないので割愛.

 

結局の所,切り口 は

・将来的にフルサイズに行きますか?

・近代的なレンズと前時代的なレンズどっちが欲しいですか?

の2点.

 

まず「いつかはフルサイズ」については,可能性を残したい.6DM3が出る頃に,6DM2の中古を探すかも(何年後の話だ?).この観点で,EF-S24mmとシグマの30mmを候補から外す.

 

次にレンズの新旧ですが,これは結構難しい.のですが,「今新しいものは未来で買えるが,今古いものは未来で買えない」というシンプルな結論に.

 

近代的なカリカリレンズももちろん使ってみたいですよ.でもそれは,今じゃなくても体験できそう.それよりは,肌がみずみずしい幼児の写真をほんわか撮るなら,多少甘いほうが良いのかも.そういう観点で,35mmF2ISを候補から外す.いやー,ここが一番苦しかった.あれほんと好きなんですよ.AFの速さといい,カリカリ感といい.35mmL IIはもう異次元として,35mmF2ISの完成度は非常識です.いや,Liiに相当の自信があるから,並単にあの完成度なのかなぁ...

 

で,28mm対決.これはあっさり.いくらカリカリしてなくても良い,とはいえ,最低限の描写は欲しい.で,一応DxoMarkで見てみる.80D見つけられないので,760Dで.7DMkIIでも良いけど,上位機種で見るのはちょっと僭越か?

で,条件を揃えるためにF1.8をF2.8にして色々見てみると,色収差以外はほぼF1.8の方が良い結果・・・に見える.まあ,色収差は盛大に負けてますけれど.で,F1.8とF2.8の違い.EVにして1段程度?なんですかね.よくわかんないですけど.これをISでカバーするかどうか.

 

個人的にはですねー,僕ISってさほど重視してないんですよねー.察するに,光学的に明るいレンズ作るのと,暗いけどISにするのとどっちが安く作れて,どっちをユーザが買うのかって話なんだと思うんですけどね.

 

一長一短あるとは思うのですが,今は僕被写体ブレの方が支配的なので,ISにするなら明るいレンズが欲しい.両方用意しているキヤノンはえらいなー,生産余力あるのかなぁ,体力ある会社だなぁとは思いますよ.そんなわけで,あたしはISレスF1.8を購入しました.

 

さて,とかく評判の悪い開放の描写.本来絞った時の描写と比較するべきですが,くわえたばこで家の前撮っただけなので,大目にみてください...

f:id:peyong:20161123221723j:plain

EOS80D 28mm F1.8 USM ISO100 F1.8 1/3200 28mm

解像感,これで不足ですか?画像サイズをMにして撮って出しなんですけれど.そりゃ,ピクセル等倍すると何か不満出るかもしれませんけれど,印刷するにしてもせいぜいA4止まり.ほとんどL版ですし,あたしゃこれで十分です.人物も,ここにはあげませんけれど,F1.8の「ユルい感じ」であたしは満足です.

 

家内に,「シワもシミも一点の滲みもなく写し出すレンズって,欲しい?」って聞いたら,「そんな工業製品は溶解して地球に返せ!」って言ってました.

 

というわけで,開けば(多少)緩く,絞ればキリリなF1.8,おすすめです.

嫁のシワを撮りたくなったら,35mmF2IS買い足します(笑

ツーリングいってきた(2016.11.12)

年に2回のツーリング.今回は総勢10名でした.

コースは足柄峠〜御殿場〜富士宮〜身延〜本栖湖

 

みんな大型で,このみすぼらしい40過ぎのおっさんは中型(笑

f:id:peyong:20161115222501j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO100 F4 1/400 73mm

前日の雨で濡れた落ち葉が恐怖な峠道.

 

f:id:peyong:20161115222749j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO200 F4 1/200 105mm

富士山スカイラインに入ると,ぐっと気温が下がる.んでもって,みんな速い速い.もう下手くそなおっさんはちんたら追いかけるのがやっと.

 

昼食は富士宮で名物焼きそば.うまかったです(未撮影).

 

その後,身延線富士川に挟まれながらまた北上する.ただでさえ遅いのに,どうしても我慢できなくて,慌てて撮った1枚.下部温泉.みなさんをお待たせしてしまった.

f:id:peyong:20161115223851j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO100 F4 1/800 45mm

こういうのは絞って撮りたい...F11くらいまで..もうヘルメットかぶったまま撮るという横着ぶり.ひどい(笑

 

f:id:peyong:20161115224357j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO100 F14 1/100 24mm

そして本栖湖.これは絞れた.今回はレンズ交換する暇もないと思って,24-105F4L一本勝負.広角不足なような,これはこれで足りているような...(20+4)(20-4)/10=38.4mm相当か...うーむ...

 

f:id:peyong:20161115224758j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO125 F14 1/160 105mm

こういうのは得意なAPS-C(笑

 

で,ここで皆さまと別れて帰路につく.みんなは泊まり.

f:id:peyong:20161115224713j:plain

EOS80D 24-105mm F4 L IS USM ISO800 F4 1/160 105mm

いつの間にか日も傾いて寒い&暗い.ここからバイク一人旅って,実は結構こわい(笑).気をつけろ,おれ.たとえ疲れている自覚がなくても1時間に1度は休むんだ!だって,実は疲れているんだもん...

 

というわけで無事帰宅.11/14のスーパーな月は,悪天候が予想されたため保険で1枚.借りてきた100-400Lは,疲れた身体には重いぞ(笑

 

f:id:peyong:20161115225237j:plain

EOS80D 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM ISO400 F5.6 1/800 400mm

あえてノートリ.APS-C+400mmの威力をみよ!(笑

 

ところでこれ,ものすごくISが効きます.初めてキヤノンの光学防振付き双眼鏡を使った時の感動が再び.もうね,揺れる月がピタッと止まるんです.

 

160-640mm相当だし,APSの人でこれを買う人はほぼいないと思いますけれど,素敵なレンズです.ものすごくシャープ.画像サイズ=ラージで撮っておけば,トリミングしてももっとシャープに撮れたかも,と思うとやや後悔.

 

まあ望遠は来年の運動会までに用意すればいいし,自腹ならAPSにこれは買わないです.何撮るんだって話(鳥か飛行機かスポーツか).

 

さて,今年の紅葉は見納め&バイクも乗り納めかな...

もし今,1からレンズを揃えるなら??(2016.11.7)

そんなわけで,もし今,キヤノンAPS-Cで1からレンズを揃えるなら?

あたくしならどうするか?

 

まあ,いろんな「初心者はこれを買え」サイトを見て,それらのサイトに書いてあることを書き写しておくと「何を撮りたいの?」につきますけれど...

 

そんなわけで,用途別に.

 

日常付けっぱなし:

多分これ.17mmって,27.2mm相当だそうな.これ,iPhoneよりもちょっと広い画角.ここから始まって,80mm相当まで.つまりこれ,フルサイズの24-70に匹敵する使い易さ.それでいてF2.8通し.手ぶれ補正付き.超音波モータ.これが3万.広角側17mmってことですが,私がこないだ体感した感じでは,少なくとも私のセンスでは10mm(16mm相当)は使いこなせない.28mm,できれば24mm相当あれば十分な気がする.そう考えると,まあこれで生きていける.問題は望遠側.そんなわけで,

これで撮りづらいもの:夜の屋内,子どもの運動会,超望遠域(まあ,不要),超広角域(まあ,あたしのセンスでは不要).

 

そこまで絶賛しておいて,なんで買わないの?

たなぼた入手の24-105F4LISが...好天屋外ならこれで結構いける.広角側の不足や,明るさ1段足りんがな,というのもないでもないですが.が,換算換算38.4mmはかなりいけるし,どうしてもって時は,例の10-18を出してくればOK.段数も,建前上はSS倍でことが足りるはず.ある程度までなら,感度上げてもいいし.

 

じゃあ望遠はっていうと,12月に出るコレ.

これ,多分テレ端は例の18-300よりもいい気がする.運動会はこれでこなす.この人の難点は最小撮影距離とかその辺かなぁ.まあなので,近付きすぎたら17-50で.

これであと,撮りづらいのは屋内ポートレートやスナップ,ボケを活かした撮影ですけれど,これは例の撒き餌EF50mm STMと,スナップにはこれ

か,

あたりでいかがでしょうか?個人的には,上に挙げた17-50と70-300以外のシチュエーションは明るさ不足なケースと思っているので,50mmF1.8か28mmF1.8のどちらかがいい気がしますけれど.無論,2本買うのイヤなら,間とって

これでいいかも.これは本当に欲しい.Lを入手できない以上.じゃあなんであたしは買わないの?って,まあそりゃとりあえず金がない.それと,ノリで買った50mmとの住み分けが...50mm買ってなければ,この1本で済ませたかも.とはいえ,ちょっとマクロ的50mm(80mm相当)と,標準的28mm(44.8mm)の住み分けの方が,わかりやすいっちゃわかりやすい.

 

***

このエントリの最後に.

例のシグマの変態18-35.なんでこれ買わないの?という話は,ないでもないです.

 

悩みの種は,フルサイズ.こないだ5DM4+24-70F2.8LII触って以来,ちょっと困ってる.あれすごくいいですわ.特にレンズ.あのレンズを,きちんと24-70という標準域で使いたい,ってだけで,フルサイズ移行したくなる.

 

一方で,APSの弱点としての広角が「別に28mm相当あれば良いや」になると,フルサイズに移行する理由も弱くなってきて(他にもファインダーの明るさとか,画質とか,良いところはたくさんある.だから,広角不要だから,だけが理由では無いです.無いのは資本).

 

そこへきて,たなぼた24-105F4LIS.これがまた...

 

すると例えば6DM2なんかが出てきて,買い換えたくなった時のことを考えると,APS専用に諭吉っつぁんを放り込んでいる場合ではない気がして,なんとかこれでやりくりしていかないと(10-18は買ってしまったが).

という経緯で,フルサイズも視野に入れるとこういう中途半端な構成に(汗

 

***

というわけで,まとめると

フルサイズへの可能性を残したい→24-105F4LIS(今なら初代を中古でお得に)

別にAPS-Cのままで良い→シグマ17-50

 

のどちらかで,ポートレート用 50mm F1.8+スナップ用28mm F1.8

または

35mmF2IS,

APSで骨をうずめるなら変態18-35なんていうのはどうでしょう??

 

あたしはどうしようかなぁ...今画質に不満無いし,広角不要だし,レンズやすいし,APSで生きていけるのよねぇ....

 

持ち物チェック(2016.11.7)

ネタはないのですが,ちょっと自分の整理のために.

持ち物チェック.

 

カメラ:

EOS 80D(APS-C)

短評:16年8月購入(ボディ単体で).

 

シグマ 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

短評:カメラと同時に購入.

→16年11月,売却2.2K/収支は-3.6K).

 

f:id:peyong:20161107211041j:plain

EOS80D 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM ISO100 F6.3 1/500 32mm

 

便利ズームとしての使い勝手は悪くなかったです.買い替え時の,「日常から運動会までを1本で」はこなしました.しかしやはり他のレンズを使ってみると,写りやレンズの暗さに物足りなさを感じるのもまた事実.F3.5なんて,開放時くらいじゃないのかなぁ...

 

 キヤノン 50mm F1.8 STM

短評:単焦点は1つ欲しいし,35mmF2ISは高いし,で,ノリで買った1本.

f:id:peyong:20161107211740j:plain

EOS80D EF50mm F1.8 STM ISO800 F1.8 1/80 50mm

ピント浅っ! 俺,下手すぎ!! はともかく,大満足な1本.ここにはあげられませんけれど,屋内での子どものポートレート(顔アップ)から屋外の全身ショットまで,かなり万能にこなす.子どもの代わりににゃんこあげるか・・・.

f:id:peyong:20161107214510j:plain

EOS80D EF50mm F1.8 STM ISO5000 F5.6 1/80 50mm

難点は,さすがに画角が(APSでは)狭すぎて(80mm相当),汎用性が高くないです.

 

キヤノン EF24-105mm F4L IS USM

短評:

詳細は↑に書いた通りなので割愛.ですが,やはりシチュエーションは選びます.フルサイズの人には問題なのかなぁ.屋内はやっぱりしんどいです.ISOあげればなんとかなりますが,できれば800くらいで済ませたい(たった今,5000まで上げたのを載せましたが)ですし...

 

キヤノン EF-S10-18 F4.5-5.6 IS STM

短評:

に書いた感じ.兎にも角にも超広角は難しいです.

ん? あっし,18-24(28.8-38.4相当)が無い(笑).

いいのかこんなんで??