たのしい♡しゃしん

旧 ひとりで☆もんもん.もんもん終わったのでタイトル変更(笑

そんでもって80Dにした理由(1)

もったいぶる話でもなんでもないんですが...

 

K-7時代に羨ましかったのはレンズ.中古でもサードでも,他のマウント,-まあ,キヤノンニコンですけれど-の場合,明るいレンズが豊富なんですよね.

 

確かにK-7は本体内手ぶれ補正を備えていて,最大4段分ある.だから,F1.8とか,そういう明るいレンズは不要という話がないでもないとは思うのですが...手ぶれしなくても被写体が動くのですわ,これがまた.

 

で,明るいレンズが欲しい.例えば広角でFが1台のレンズといえば,言わずと知れた銘玉

これ.なんですが,もともと持っていた35mmに画角が近すぎ&お値段的にちょっとー...てかAPSだと45mm近くなって,もはや広角ではないしー.

 

・・・など,選択肢の少なさとお値段と中古流通量で手が出せずー.

# 繰り返しますけれど,被写体と財力があれば使い続けたかったんですよ.

 

で,流通量からキヤノンニコンになる.その次は動体捕捉.だってそれが買い替えの主眼なんですもん.で,動体捕捉性能といえばキヤノン,ともっぱらの噂.

 

私自身は,記憶の脳内美化としてのニコンは「カリカリ報道写真的リアリティのニッコール」という意識があって,心情面ではニコン寄りだったんです.ですがとにもかくにも「動きものならキヤノン」「スポーツ写真のシェアはNo.1」と言った媒体情報,内大臣の「変な「シェア一位は嫌い精神」を発揮するな(←そのうち書きます)」等の指摘から,まずはキヤノンで.

 

そんなキヤノンさん,候補は6D,7DM2,70D,80D.いい歳したおっさんが「Kiss」とかやってる場合じゃない(気がする/80D購入後の今となってはどっちでもいい気もする).

 着眼点は以下の通り.

f:id:peyong:20161009224738p:plain

測距や測光点の数は気にしていました.けれど,どんなにたくさん情報を集めても,使いこなすというか,その情報を使ってどうするかはエンジンにかかっている気がする.ので,画処理エンジンは新しい方が好適.速さという意味ではなく,アルゴリズム的な観点で漸進していると信じたい.

 

一方画素数は気にしていない.少ない方が高感度で良いんじゃないの?って思っているくらい.あって良かった!って思うのは,トリミングするとき.それも,L版に印刷するのならまあ大抵は気にならない気がする.この辺も,いつか書けるかなぁ...

 

で,その辺を比べるとこんな感じ:

f:id:peyong:20161009230006p:plain

6Dはフルサイズ,価格その他大変魅力的なんですが,いかんせん買い替えの動機=動体捕捉が弱い(当社比).7DM2は申し分ないのですが,無線LANがオプション扱い,実勢で+6万くらい(価格コム最安値比較ではそこまでいかないけど)で,予算オーバ.70Dは,80Dとの価格差が実質ないんですよねー. だったら新しい方がいいでしょー.

 

80Dで引っかかっていたのは外装と,7DM2比の測距周り.それでも70Dからは大幅に進化している.というか,ほぼ廉価版7DM2.

 

キヤノンAPS機最高峰としての7DM2は,なんというかお気楽下手くそファミリーカメラマンとしては敷居が高い.これを持ってたらいい写真撮ることを期待されてしまう(幼稚園のママ友関連には区別つかず,黒い大きなカメラを持った人は皆同じであることは,後から発覚).

 

子どもを撮るという観点では80Dの強さが際立つ.が,webでの評判は「動画なら80D,静止画ならD7200(ここへきてニコン)」というのが目立つぞ.動画興味ないんだが....

 

よし,とりあえず80D.あとは店で触って決めよう.

 で,えらい長くなったのでまた次回...