ぶつよく日誌(不定期更新)

当初はカメラの記事で始めたのですが,いつの間にやら物欲の塊に...Yes! 資本主義!!

久しぶり更新(2018.03.21)

もうなんだ、自分がblogを書いていたことさえ忘れる勢い。まあ、読者も(ほとんど)いないだろうし、あまり気負わず思い出したときに。てかですねー、そんなに金ないって!!そんなしょっちゅうしょっちゅう買い物せんって!

 

で、なんと12年ぶりにスキー試乗会(笑

 

職場の先輩にお招きにあずかり、某大手スポーツチェーンの大試乗会@車山。

f:id:peyong:20180321225015j:plain

・・・・バイクで来られそうなビーナスライン。。。

 

f:id:peyong:20180321230117j:plain

 

超春スキーwww

 

で、板の紹介の前に私のへっぽこ度合いを。

20年前に2級。15年前に、1シーズンで1級5連敗(全部1点差)。

 

心折れて以後、年に1日だけエキスパートレンタルのある近場で板だけレンタルでスキー、というスキー生活を10年以上。要はもう実質滑っていない。最後に買った板はUnity-EX。もう二度と検定受けることもなかろうと思い、2級の合格証は捨ててしまった。。。。

 

雪質と斜度と板に恵まれれば谷回りからクロスオーバして捉えられるけれど、どれか1つでも欠けると盛大にスキッドから始まりフォールライン近辺から板に乗せられてるだけでキレの良いターンって勘違いするダメっぷり。基本は20年前のストレッチングターン全盛時に身につけたもの。そんなんなので、小回りが苦手。好きなのはベンディング系の抱え込み不整地大回り。1級の検定種目に横滑りが入ったことを、今年知ったダメ人間。165cm/60kg。

 

こんなおっさんの、試乗レポートです。

★で1点

☆で0.5点

5項目25点満点。

大回り向け板を乗りこなすことは無理なので、小回りベースのオールラウンド系を中心に。

 

f:id:peyong:20180321231018j:plain

Elan SL Fusion 2018

 

小回りの入りやすさ:★★★★☆

大回りのターン弧の作りやすさ:★★★★☆

返りの強さ:★★★

安定感:★★★

楽しさ:★★★

 

ものすごく可もなく不可もない板でした。ちょっと短かったので、高速安定性は無いわけでも無いけれど気は使うかな、という感じ。ターンの後半で返りも感じられ、次のターンに活かすことができる、結構なオールラウンド。オートマティックというよりは、マニュアルに近い感じ。本日の1本目だったので、以下何となくこれがベンチマークに(絶対評価なんかできんもん)。

 

f:id:peyong:20180321232124j:plain

Nordica ドーベルマン SLR RB FDT

 

小回りの入りやすさ:★★★★☆

大回りのターン弧の作りやすさ:★★

返りの強さ:★★★★★

安定感:★★★★

楽しさ:★★

 

ノルディカ、板なんか出してたんだ・・・ってくらい浦島。元ケスレーとのこと。先のElan Fusionよりも小回り特化に感じますね。明確な返りがあるのですが、私の脚力では次のターンに繋げることができませんでした。入りやすいので、抑え込める人にはとても使いやすそうです。が、私には、山回りの終わり→ニュートラルポジションですっぽ抜けてしまい大回りが辛かったです。スイングウェイトもそこそこあるので、バンクの中ではきっと手を焼きそう。私には難しかったです、はい。

 

f:id:peyong:20180321232021j:plain

HEAD V-Shape V11 SuperLight SW LYT PR

 

小回りの入りやすさ:★★★

大回りのターン弧の作りやすさ:★★★

返りの強さ:★

安定感:★★★

楽しさ:★

 

すごく厳しいスコアになってしまいましたが、良い板です。評価軸が違うんです、これ。HEADは後述も含めて、板の性格付けがうまいですね。この板はウルトラ軽いです。で、その軽さの割に安定感はあるんです。軽すぎて安心感が無いだけで。なので小回りも入りやすいのですが、この振り回し方すると出口でズレる!と思いきや意外にずれないという、なんというのか操作感覚と起ることの差が。。大回りも同様で、いかん、誤脱しそう!と思っても意外に谷回りで乗ってられる。返りはほとんど感じられないんですがね。脚力の無い女性とか、シニアには絶賛おすすめです。私なら55歳すぎたら欲しいかも。。

 

f:id:peyong:20180321233417j:plain

 Ogasaka Keo's KS-RT+FM600

 

小回りの入りやすさ:★★★★☆

大回りのターン弧の作りやすさ:★★★★★

返りの強さ:★★★★

安定感:★★★★★

楽しさ:★★★★☆

 

抜群です。もうね、なんでもできます。踏んだ分だけ返ってくるので小回りも良いです。圧巻は大回りで、ターンの後半に従って徐々に力が溜まってきて、ニュートラルポジションから、えいって上体をクロスさせると溜め込んだ圧がその場で雪面を捉えます。谷回りから噛んでくるので、自分が上手くなった気にさせてくれます。スイングウェイトも重く無いので、コブもいけるでしょう。それでいて、ちょっとした荒れくらいなら踏み潰す安定感があります。ただし、小うるさいですw。なんでもできるので、あれやってみようこれやってみようという気になってしまうので、常に修行モードです。修行するなら最高です。

 

 

f:id:peyong:20180321234425j:plain

Atomic REDSTER S9i+X14 TL RS

 

小回りの入りやすさ:★★★☆

大回りのターン弧の作りやすさ:★☆

返りの強さ:☆

安定感:★☆

楽しさ:☆

 

Atomicの最高峰だそうです。これはもう相性の問題です。合わないんです、Atomic。オートマティックに小回りはできます。大回りも、なんかできます。が、自分が何をしようと思って、どう動いて、どうなったかが全く判らないんです。ステアリングインフォの殆どない、20年落ちのレンタカーに乗ってる気分。きっと相性のいい人にはとてもいい板なんだと思います。軽く小回り入れます。意識しないで速いリズムで小回りいけます。でも、返ってきてるんだかなんだか判らないんです。10年以上前のキャップの板に雰囲気似てるんですが、調べるとサンドイッチっぽいし・・・。ファンの方、御免なさい、下手くそには乗りこなしてあげられませんでした。。

 

f:id:peyong:20180321235718j:plain

Volkl RaceTiger SL DEMO

 

小回りの入りやすさ:★★★★☆

大回りのターン弧の作りやすさ:★★★★☆

返りの強さ:★★★★

安定感:★★★★

楽しさ:★★★

 

Elan Fusionとほぼ同じ方向で、Fusionよりもはっきりした性格の板でした。普通に扱いやすいです。フォルクルについてなんの先入観もなく、オールラウンドの板で、普通の脚力がある人向けです。扱いやすさといういう意味では、まあ普通。とにかく万能です。Keo'sからわかりやす(過ぎ)さを隠蔽した感じ?(←?)

 

RaceTigerって名前で「お、復刻」って思われる方が多いみたいですね。私はRENN Tigerなら知ってます(RaceTigerをむしろ知らない)。こんなの

です。まだヴォルクルって呼んでた頃。P9とか。

 

で、この板は直前にPlatinum SD SpeedWallをレンタルしてた関係で、以下ではその差についてコメント。

 

正直言って、まろやかになってます。Platinumよりも一般受けしそうです。私はPlatinum SDを強烈な返りと小回り特化型と感じていて、大回りで手も足も出せなかったんです。角付けの調整ができるほど上手くないので、想定よりも中に中にって入り込んできちゃうんです。ただし小回りでハマったときの走破性は抜群で、小回りしかしないなら最高でした。今回のこれは、そういう、なんというか尖ったところがないんです。なので凡庸といえば凡庸。オールラウンドといえばオールラウンド。

 

さて好んでVolklを選ぶ人が、あのSDを選ぶ人が、このRaceTiger DEMOという、名前の面でも何と無く中途半端な感じのこれを選ぶんですかね??

 

ブランド面でフォルクルが好きなんだけれど、少し楽に1本でいろんなことを、という方、ブランドは知らんけど、操作感ってものを知りたい上級者を目指す中級者にはお勧めできます。つまりこういう、メーカ内ベンチマークがなければ、そしてターゲットがこの板を正しく評価してくれれば、とても扱い易い良い板だと思います。

 

f:id:peyong:20180322001259j:plain

Hart Circuit ST Demo SP

 

小回りの入りやすさ:★★☆

大回りのターン弧の作りやすさ:★☆

返りの強さ:★★★★★

安定感:★★

楽しさ:★☆

 

人生初Hart。先輩がHart好き&営業さんが開発も兼ねているという方(某有名サイトのブロガーさん)で、勧められて履いてみました。

 

きつかった〜〜〜〜〜〜〜〜。なんだこれ、レース用なのか?素人じゃこれ無理なんじゃないの?少なくとも私は、扱いこなせませんでした。たわませられず、雪面のギャップを乗り越えたときに自らの人力を超えた入力があると、人力を超えた強烈な突き上げが。。。ただ、これはちょっと特殊なスプリング入りのプレートが入っているせいとのことで、後で別バージョンについて。

 

f:id:peyong:20180322002443j:plain

HEAD i.Supershape Rally PR Pro 

 

小回りの入りやすさ:★★★★☆

大回りのターン弧の作りやすさ:★★★★★

返りの強さ:★★★

安定感:★★★★★

楽しさ:★★★★★

 

magnumがいつも貸出中。で、この異形のi.Supershapeを。最初これ、フリーライドかと思ったくらいの幅広。営業さんに、これ何小回り特化?って伺ったところ、センターも太いからそんなことないって。午後に入り、ちょうど腐った春の雪と化してきたところ。「どんな荒地の」という謳い文句に誘われて履いてみたのですが。

 

何これヤバいっす。めちゃくちゃ楽しい!!スキーが楽しいの。思った通りのことができる。KS-RTとは対極の意味で、なんでもできる。そして頭に修行感が湧かない。ひたすら楽しい。もう言葉にならないです。強いて難詰するとすれば、若干返りの鋭さが弱いところ。これ、トップシーズンの乾いた雪で、小気味よく小回りを、とかってできるのかな。そこだけが心配。それさえクリアできたら、最高のオールラウンダーな気がします。見た目が若干気の抜けた感じもまた僕は好み。板の方から迫ってこない、安楽オールラウンダー。

 

f:id:peyong:20180322003352j:plain

 SALOMON S/MAX Blast + X12 TL

 

小回りの入りやすさ:☆

大回りのターン弧の作りやすさ:★

返りの強さ:☆

安定感:☆

楽しさ:☆

 

ごめんなさい、これ無理。昔からサロモン合わないんです。先述のAtomicに似てる感じですが、先入観で苦手意識があるせいかあれ以上に何もできなかったです。ただ滑落してるだけ。すいませんすいません。下手くその言い分なんで、怒らないでください。弘法じゃない以上、筆を選ぶんです。好みの問題なんです。相性。

 

f:id:peyong:20180322004058j:plain

 Hart Circuit ST DEMO SP

 

小回りの入りやすさ:★★★★☆

大回りのターン弧の作りやすさ:★★★★☆

返りの強さ:★★★★☆

安定感:★★★★

楽しさ:★★★☆

 

ビンディング、プレートの違いでこんなに変わるんか、といういうくらいオールラウンドで素敵な板。まずその、スプリング入り強化プレートみたいなのではなく、普通のセパレート型。その分たわみを作れる。で、板そのもの特性から、綺麗に返ってきます。KS-RTがスキーヤを忖度してくる板だとすると、この板は素直に返してきます。ある意味で超自然。なので、ずらそうとすれうばずらせる。乗ろうとすれば、腕があれば乗れる。下手がなんかやると空走しますが。言い方変えると、自分にあった大回りを作れます。雪面コンタクトも、自力でしっかりやってやればかなり高レベルな安定感を持って走ってくれます。これすごく良いですよ。ある意味オガサカよりも教育的かもしれない。ツンデレかもしれないけれど。これは意外な良さでした。

 

そんなわけで、順位はつけられないのですがおすすめの3本として

 

<スキーを楽しむ!>

HEAD i.Supershape Rally PR Pro 

 

<とにかく上手くなりたい!>

Ogasaka Keo's KS-RT+FM600

 

<自分のレベルを知りたい!>

 Hart Circuit ST DEMO SPの弱いビンディングの方

 

って感じですね。違う表現すると、

i.Supershape Rally:

ツインクラッチ付きAT車。ATのだるさの無い走ってて楽しいAT車

 

KS-RT+FM600:

2ペダルマニュアル車。操作感と安楽さの良いとこ取り。抜群。

 

Circuit ST DEMO SP:

パワステ無しMT車。硬派の車。乗り手を選びますが、運転技量は確実に上がります。時に辛いですけれど。

 

で、選漏れ次点がVolkl RaceTiger SL DEMOかな。しつこいですけれど、これは良い板ですよ!