ぶつよく日誌(不定期更新)

当初はカメラの記事で始めたのですが,いつの間にやら物欲の塊に...Yes! 資本主義!!

久しぶり更新(2018.10.28) 武州→信州ツーリング

もうね、久しぶりなのが当たり前過ぎて「久しぶり」とか書いてる場合じゃないのっす(笑

 

で、いつだったかな、2〜3週間前のツーリングのこと。

 

ルートは第三京浜都筑→環八→関越練馬→圏央道狭山日高から国道299号

飯能→秩父上野村→佐久穂→蓼科→中央道小淵沢→中央道高井戸経由で都筑戻り。

 

これは色々なブログ、例えばこちら

などから刺激を受けて決めたコースです(←勝手にお世話になっておりますm(_ _)m

 

何時に出たんだっけな、多分6時30分くらいだった気がする。子どもたちに「お父さん、まだ居たんだ」って言われたし。で、秩父に9時。コンビニ飯食って、上野村着いたのが10時45分。

 

で、その上野村。若い人はあまりピンとこないかもしれませんが、当時11歳の私はこの名前は忘れられません。大惨事でした。

 

歳をとって会社に勤め、普段偉そうな上司がいざという時なんのクソの役にも立たないことを2011年3月11日に経験しました。だからというわけではないのですが、あの未曾有の航空事故の際に水際立った手腕を発揮し、少数ながらも生存者の救出に漕ぎ着けたのは当時の村長の器に依るところ大、と思っておりました。

 

黒沢丈夫さんと言います。詳細はwikiを参照くださいな。

 

上野村を通るなら、そんな黒沢さんの墓参りをしてみようかな、と。もちろん、縁もゆかりも無いのですが。そんな訳で、墓参りしてきました。

 

f:id:peyong:20181028231312j:plain

 

道の駅 上野の店員さん、ご近所にお住いのIさん、大変お世話になりました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 

海軍、というか国家の枢要で、昭和天皇の信頼が厚かった軍人の一人に、米内光政という方がいます。この方が残した言葉の1つに、

 

「人間と言うものは、いついかなる場合でも、自分の巡り合った境遇を、もっとも意義あらしめることが大切だ」

 

というものがあります。黒沢さんが米内の薫陶を直接受けたかどうかは調べていないのでわかりませんが、そんな黒沢さんも

 

「陰徳を積む。人のやりたがらないことを人知れずやる。」

 

という言葉を残しています。こういう「本質の伝承」を、本来は「教育」というのでしょうね。

 

そんなことを想いながら墓に語りかけておりました。

 

なお全くの余談ですが、嘘か真か昭和天皇はご記憶にあったそうです。

 

***

さて、ツーリングの話に戻ります。そのまま299号を進むと、事前の予習通り通行止め、矢弓沢林道を抜けて十国峠へたどり着きます。もうね、いや確かに走りづらいんですが、日本各地の壮絶な酷道に比べればまだ走りやすい方なんじゃないかと。まあでも、セローとか欲しくなりますよね笑

 

f:id:peyong:20181028234529j:plain

 

こんな十国峠。1230着。この櫓から高崎方面って書いてあったかな、の眺めはなかなか壮大でした、はい。

 

f:id:peyong:20181028234630j:plain

 

そのまま299号を長野側(もう長野県にいるんだけどw)に下りる、ここが本当に苦しい道でした。距離にして1kmも無いと思うんですが、二輪ですら対向四輪がくるとしんどいイメージ。当方400ccの小さなバイクなんですが、それでも「お?おお?おおおおお!?」って感じです。まあでも、ここだけかな、要注意箇所は。

 

そのまま快走路を佐久穂まで降りて一旦141号で左折、麦草峠方面へ右折すれば、ほらまた299号。メルヘン街道ですね。これは気持ち良いですよ〜。

 

そのまま登って、小海町なのかな、レストハウス「ふるさと」で小休止。13時30分。

 

f:id:peyong:20181028235212j:plain

 

家族への土産に秋映(りんご)を購入。このまま蓼科に向かおうとしたのが大失敗。

 

私全然知らなかったのですが、この白駒池ってのが観光名所として有名なんですね??観光バスがコーナーを大減速しながら行き来するので、ノロノロ運転どころか完全に停止する渋滞ですわ。いやぁ、楽しそうな道なのに残念無念であります。いつか平日に行ってやる!!

 

白駒池を過ぎて、渋滞にうんざりしていた他のライダーさん(私はソロツー)たち延べ30台くらいかな、が一気に下り始める。うーん、これはこれで嫌われそう(笑

 

で、下手くそな私はのんびり流しながら峠を降りて、途中八ヶ岳を見ながら

f:id:peyong:20181028235644j:plain

鉢巻道路を経て小淵沢へ。

f:id:peyong:20181028235707j:plain

小淵沢インター手前対向側にガス屋さんあったのですが、まあインターの前には「高速前最終!」GSがあると思っていたのでスルー。その結果そのまま乗る羽目に。この時点で最終給油から走行距離200km。私のバイクさん(グラディウス400といいます。最低でもリッター20kmは堅いです。でも12Lしかはいりません)、まあ、持つだろう、多分、と思って双葉までいき給油。距離30km。警告灯すらつきませんでしたが、やや不安でした。あんまり良い判断ではなかったな。ちゃんと給油しよう。。。

 

で、そういや私、朝飯能のコンビニで武甲山見ながらパン食って以来何も食ってなかったな。。。という訳で15時45分昼食。

 

そのまま大月だか上野原だか相模湖だか八王子だかの渋滞をもろに頂戴して、横浜帰宅が19時30分くらいだったかなぁ。。。長い一日でした。

 

走行距離は・・・・、まあ多分400〜450kmくらいですね。

 

おっと、ぶつよく日誌なんだから物欲を書かねば。

 

大型バイク欲しいなぁ・・・・。